ルテインサプリとは

パソコンを長時間使う人やスマートフォンでゲームなどをよくする人など目が疲れることが多いという方が注目しているのがルテインサプリです。これはそもそも体内で作り出すことが出来ない成分で、体外から定期的に摂取するしかありません。カロテノイドという天然の色素の一つですが、網膜の中の黄斑部にあることから目の健康に効果的であるといわれています。

 

他には皮膚や乳房、子宮頚部、大腸にも存在しています。ただそれらも少しずつ毎日減っていっているので、サプリや食べ物などを摂取して補ってあげなければいけません。この成分の効果としては青色の光を吸収したり、高い抗酸化作用があります。

 

 

青色の光はいわゆるブルーライトと呼ばれるものです。パソコンやスマートフォンなどから発せられるので、パソコンでは最近はブルーライト専用めがねなども人気となっています。このブルーライトを吸収して目を守ってくれますし、目が疲れてしまってもその高い抗酸化作用によって活性酸素を除去し、目の疲れの改善や老眼の予防にもなります。

 

抗酸化作用ですから肌にとってはアンチエイジング効果も期待できますので美肌にも効果的ということになります。一日の目安摂取量はおよそ6mgから10mgとなっています。食べ物で摂取する場合は油で調理する方法がおすすめです。

 

緑黄色野菜や卵黄などを油で調理したものを食べると効果的に摂取できるでしょう。しかし含有量としては十分あるわけではないので、サプリメントで補うほうが良いです。そんなルテインサプリのおすすめを2つご紹介しましょう。

 

おすすめのルテインサプリ

「めなり」はルテインの配合量が業界トップクラスといわれる12mgで、一日に必要といわれている目安摂取量を十分にカバーできるほどの量が入っていることになります。ゼアキサンチンやアスタキサンチン、ビルベリーといったサポート成分も配合されています。ビルベリーは170mg、ゼアキサンチンは2.4mg、アスタキサンチンは1mgほど入っています。

 

2016年のモンドセレクションでも最高金賞を受賞しているほどの実力派です。他にもβカロテンやミネラル、ビタミン群なども入っています。めなりの特徴は特許取得のビルベリーを配合しているという点でしょう。

 

目には良いものとして知られていますが、この特許取得のビルベリーはブルーベリーに含まれているアントシアニンの6倍もの含有量があります。一般的なブルーベリーも十分にアントシアニンが含まれていますが、こちらのビルベリーはそれをはるかに上回る含有量なのです。しかもその吸収率は203%となっており、さらに持続力も2倍です。

 

そこに加えて天然のサングラスと呼ばれるゼアキサンチンやルテインを加えることで紫外線のダメージからも目を守ります。

 

「めばえ」は目に有害となるブルーライトや紫外線から目を守るのはもちろん、コントラスト感度に関しても改善する効果があることが期待できます。他にもゼアキサンチン、アスタキサンチン、リコピン、イチョウ葉エキス、ビタミンEなどが配合されており、ルテインサプリとして配合されているその量は20mgとなっています。

 

こちらは特に注目したいのはコントラスト感度の改善という部分です。コントラスト感度とはいろんな物の濃淡を判断する感度のことです。これが衰えてきますと輪郭がぼやけて見えたりして日常生活を送るのも大変という状態になりかねません。

 

高い抗酸化作用と血流改善効果を期待することができ、視力障害の予防になります。血流を悪くしてしまう成分にはLDL−コレステロールというものがありますが、これは悪玉コレステロールで動脈硬化や高血圧の原因になってしまいます。しかしこのコレステロール自体がダメというわけではなく、活性酸素とくっついてしまうことが悪玉と呼ばれてしまう理由です。

 

つまりこのコレステロールを酸化させないことが重要で、抗酸化作用は血流改善をするにはとても大事なことなのです。1か月分で30粒入っており、1日1粒を目安に飲みます。らくらく定期便という定期コースがありますので、それを利用するとお得に購入をすることができます。

 

またもし自分にあわなかったり、効果を全く感じなかった場合には商品到着後3か月以内であれば全額返金保証がありますので安心です。

 

 

この2つを比較すると、配合されている種類の多さに関しては「めばえ」は少ないのですが、サプリそのものの価格でいえば断然安いのはこちらだといえます。しかしルテインの配合量そのものはマリーゴールドから抽出したものを1粒中におよそ20mgも配合しています。

 

どちらを選ぶかということはどういうものをサプリに求めるのかということによって違います。成分の吸収率の高さか、それとも目の機能そのものをどうにかしたいのかなどを考えてから選ぶのが良いです。また副作用があるのかないのかという点は気になることなのではないでしょうか。

 

ルテインサプリの副作用

副作用があるかどうかというのは天然物が原材料として使われているか、それとも合成の物を使っているかということにもよります。天然のものはマリーゴールドなどから抽出していますので副作用などの問題はありません。ただしアレルギーがある場合はアレルギー症状が出てしまうことがありますので、前もって原材料の成分をチェックしておくほうが良いでしょう。

 

一般的な目安量は6mgから10mgとなっていますが、厚生労働省の研究チームによって発表されたことによると35mgを毎日摂取しても副作用などの問題は起きなかったということがわかっています。とはいえ、サプリごとに決められている用法用量はしっかりと守って飲むようにすることは大前提となります。飲み始めの頃はまだ体が慣れていないためにおなかがゆるくなってしまうこともありますので、おなかがゆるくなりやすい方は少なめの量から飲み始めるのが無難です。

 

サプリを飲むタイミングは特に決まってはいませんが、眠る前に飲むことで眠っている間に有効成分が効いて効果を得ることが期待できます。目の疲れやすい人はとにかくまずは行動を起こしてみるのが良いでしょう。

 

 

ルテインサプリおすすめTOP3

ルテインには、強い抗酸化作用を持っていることが知られており、最近では健康に役立つ有効成分として注目されるようになってきました。
そこで、この成分を効果的に摂取するために、おすすめのサプリメントをご紹介します。ここで紹介する商品は、ランキングでベスト3に入った人気商品です。

 

 

めなりの特徴

なりは、業界トップクラスの配合率を誇る、高スペックルテインサプリメントです。

評価 評価5
めなりの総評

1日2粒で理想的な健康習慣が得られるとして多くの方から支持されており、そのモニターリピート率は93.9%と非常に高いです。
視力に関して、40代〜60代の約95%が毎日スッキリせず重い、近くが見づらい、目が乾く、光がまぶしいなどと感じています。そんな目の不調の原因は、パソコンやスマートフォンが普及したことによる過酷な光ダメージにあるとして、このサプリでは目に良いとされる有効成分を豊富に配合しています。

これにより、光ダメージに対抗できるような効果を与え、目を酷使する環境にも耐えるような体質に変えていきます。
このサプリには、3つの厳選成分と9つの有効成分によって目を健康な状態にしていきます。

厳選成分@「ルテイン・ゼアキサンチン」
この2つの成分は、主にほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれているカロテノイドの一種です。
また、人間の器官や皮膚にも存在しており、特に女性の乳房や子宮頚部に多く存在しています。これらの成分には強い抗酸化作用があることから、紫外線などの外的ダメージから目を守る働きがあります。そのため、天然のサングラスとも言われています。

厳選成分A「アントシアニン」
アントシアニンはポリフェノールの一種で、ブルベリーに含まれる目に良い成分として有名ですが、このサプリではブルーベリーの6倍のアントシアニンが含まれるビルベリーを100%使用しています。さらに、使用しているビルベリーは、アメリカで特許を取得しているものです。そのため、アントシアニンの吸収率は一般的なビルベリーの203%にもアップしています。

厳選成分B「アスタキサンチン」
アスタキサンチンは、美容液にも使用されるカロテノイドの一種で、高い抗酸化作用を持つビタミンEの1000倍のパワーを持つといわれています。この赤い色素成分が、他の2つの厳選成分との相乗効果をもたらし、さらに高いパワーとなり目に効果的に働きかけます。
さらに、くちなしの花にごく僅か含まれている、分子の小さい注目の成分「クロセチン」が吸収率を早める働きをし、アメリカの研究所の結果に基づいて選ばれた9種類のビタミン・ミネラル・補酵素が含まれています。

このサプリは、徹底した管理環境が保たれた国内のGMP取得工場で製造されている安心の商品です。

 
 

ルテインの特徴

このサプリメントは、大手製薬会社が製造している機能性表示食品で、この有効成分が10mg配合されています。

評価 評価4.5
ルテインの総評

この成分は、1日に6mg〜10mg摂取すると目に効果的に働くとされています。サプリメントには、1粒に10mgと1日の最大摂取量に値する量が配合されているので、1日1粒飲めば良いです。
非常にコストパフォーマンスが良いのも、このルテインサプリの人気の理由です。


また、このサプリはメーカー初の機能性表示食品でもあり、この有効成分の他にも高い抗酸化作用を持つビタミンEや、ゼアキサンチンなどが配合されており、疲れ目の回復や焦点の一致度、目の不快感改善などに高い効果を示します。
大手製薬会社製造なので、安全面で有利であり、また1日1粒で必要な摂取量が補えるということで、コストパフォーマンスにおいても高い評価を受けています。目の症状は、長く続けていくことで改善されていくので、続けいくサプリとしてはとても有効です。


メーカーのオンラインショップから定期購入することで、お得な割引サービスも受けられるのでおすすめです。

 
 

めばえの特徴

めばえは、マリーゴールドから抽出したこの機能性管よ成分が、1粒に20mgも配合されています。

評価 評価4
めばえの総評

この成分は、目の中にも含まれており、特にものを見る働きをする黄斑部という重要部分に多く含まれています。そのため、目を健康に保つためには必要不可欠な成分なのです。
またこの成分は、目の重要な成分でありながら体内で作りだすことができません。

また、加齢や生活習慣の乱れなどによってこの成分はどんどんと減少してしまいます。一度減少した成分は、増えることが無いので眼病の要因になるのです。そのため、眼病予防のためにも体外から効果的に摂取するしていく必要があります。

このルテインサプリは、1粒に20mgと高配合されています。この量は、1日に必要な摂取量の2倍〜3倍の量に値しており、メーカーもその配合量に自信を持っています。
このサプリメントは機能性表示食品に指定されています。

機能性表示食品とは、安全性の確保を前提とした食品のことで、事業者の責任において科学的根拠に基づく機能性を持った食品を指しています。
めばえには、この有効成分が20mgと高濃度で配合されているため、より効果的に目の黄斑部の色素量を維持することができ、更にブルーライトなどの光の刺激から目を保護したり、コントラスト感度を改善させる働きが活発になるため、目の調子を整える効果が高くなると考えられます。ブルーライトとは、紫外線に近い光のことで、テレビやパソコンなどから発生しています。

この光のエネルギーは他の光と比べても非常に高く、目の奥の網膜にまで侵入してくるため目に悪影響を与えるのです。このサプリは、そのブルーライトから目を保護するために、有効成分を高濃度で配合しています。
サプリメントを購入する場合には、メーカーのオンラインストアを利用するのがおすすめです。

それは、使い続けるほどにお得になるからです。
例えば、3ヶ月分なら5%、6ヶ月分なら10%12ヶ月分なら15%と、まとめ買いをするとお得になります。さらに、毎回注文手続がいらず買い忘れることが無い定期便を利用すると、さらに5%割引になります。

定期便を利用してサプリを購入することで、1日分わずか55円という価格で済むのでとてもリーズナブルで長く続けることができ、多くの方が利用しています。