口コミでも人気なサプリの一つ「ルテイン」

現代はパソコンはもちろんスマートフォンなどを使う人もかなりいますので、目の疲れを感じている方は非常に多いです。目の疲れは軽いものであれば目を休ませることで回復しますが、眼精疲労が重なると頭痛や吐き気、めまい、肩こりなど全身の症状になってしまうことも多く、体調不良を訴えるようになります。仕事でパソコンを毎日しかも1日中使う人は目薬だけでは目の疲れを癒やすことがなかなかできません。

 

そのため、サプリも併用する方がたくさんいます。しかし同じ悩みを抱える人が多いということはそれだけ開発されるサプリも増えるということであり、どの商品を選ぶかということは口コミを参考にすることもあるのではないでしょうか。商品のレビューには利用者がリアルな感想をよせていますので購入する時に読んでみるのはおすすめです。

 

ルテインを摂取するには

ルテインとはそもそもどんな成分なのでしょうか。緑黄色野菜に多く含まれているもので、カロテノイドという天然色素の一つです。色は黄色をしていますので、例えば野菜ですとにんじんやカボチャ、ブロッコリー、ほうれん草、とうもろこし、マリーゴールドの花弁などにも含まれています。

 

人間の体内にもカロテノイド自体は存在しており、β‐カロテンやα‐カロテン、リコペン、ルテイン、ゼアキサンチン、β‐クリプトキサンチンなどはよく知られているものです。その中でもルテインは目の中に特に多く含まれています。眼底の網膜の中心部である黄斑部という部分で、ここは視力や色覚などの大事な機能を担っています。

 

 

目の中にあるものは紫外線、そしてパソコンやスマートフォン、テレビなどから出ているブルーライトなどを吸収し、さらにそれらから発生する活性酸素も除去します。そうすることで目の健康を維持することができるのです。

 

ちなみに日本人が好む緑茶にもこの成分は含まれており、特に豊富に含まれているのは育てる段階で日光を遮っている玉露やかぶせ茶などです。

 

緑茶に含まれる量はほうれん草と同じくらい、つまり100g当たりで10.2mgほどということになります。ちなみにこの成分は体内で生成することができませんから食事など体外から摂取するしかありません。体内に取り入れると血中に含まれて体内に蓄積されていくのです。

 

ところが加齢やタバコ、紫外線などの影響を受けるとどんどんその蓄積したものが消費され、少なくなっていきます。高齢になって目の病気になりやすいのはそのようなことも影響されているといわれています。つまり、永遠に体内にあるわけではないこの成分はマメに摂取して体内にある程度は蓄積されている状態を保ってあげる必要があるということです。

 

水に溶けにくく、脂に溶けやすいという性質があることから食事で摂取する効率的な方法は油を使った調理方法で食べることが望ましいです。緑茶に多く含まれるといってもお茶として飲むだけではほとんど摂取できないということになりますので、緑茶を粉末にするなどして油料理に加えて食べるというのが良いでしょう。

 

ルテインの主な効果は

この成分の主な効果は4つあります。

 

まず1つ目は加齢黄斑変性症の予防です。この病気は加齢に伴う黄斑部の働きの異常で視力が著しく低下するもので、失明する原因となっています。物の大きさや色が違って見えたり、物がぐにゃりと曲がって見えたりすることもあります。

 

日常生活を送る上では不便この上ない症状が出てしまうのです。1日10mg摂取するだけでも1年ほどで症状の改善があったという報告があります。2つ目は白内障の予防、3つ目はコントラスト感度の改善、4つ目は美肌効果です。

 

 

2つ目の白内障も加齢が原因となる病気で、症状としては目の水晶体が白く濁って視力が低下してしまいます。これによって視界のかすみ、視力の低下、光をまぶしく感じるなどの症状が出てきます。この成分は有害な光を吸収しますので、白内障予防にはぴったりです。

 

3つ目のコントラスト感度は輪郭と濃淡のはっきりしない模様を識別できる能力を評価したものですが、この感度は45歳を境に急激に低下することがわかっていますので運転をする際などは気をつけなければいけません。中国では1年間1日20mg摂取したドライバーが黄斑色素光学密度の増加や薄明所・明所でのコントラスト感度の上昇、まぶしさによる見えにくさの改善などがあったという報告がされています。

 

4つ目の美肌はこの成分が皮膚にも含まれていることから長期間摂取し続けると皮膚内の水分量が増加したり、しみやくすみの原因が減少するなどの効果があったことがわかっています。

 

ちなみに1日の摂取量の目安は6mgほどが良いとされています。口コミなどでも疲れ目に良い、それが減ったことによる頭痛がなくなった、ピントがあってハッキリ物が見えるようになったなどの声が聞かれます。効果があまり感じられないという方の飲み方を見ますと飲んでいる期間が非常に短い人も少なくありません。

 

サプリは薬ではないので体質改善をするつもりで長期間飲むようにしましょう。

関連ページ

ブルーライトカットをしたい時に使えるルテインサプリ
ルテインサプリも例外ではなく、ブルーライトカット機能には個人差がありますから、サプリメントの目的を考えて摂取することが肝心です。
くっきりした視界を取り戻せる目に良い成分が摂れるサプリ
目の使いすぎや心労など様々な原因による眼精疲労は日ごろから出来る予防策を心がけることが大切なのですが、目に良い成分がたっぷりと配合されたサプリメントを取り入れることも効果的です。
常に目の疲れを感じている方向けのサプリとは
普段から目を酷使する事が多く、眼精疲労がひどい、と言う方は、現代はとても多いと思います。眼精疲労はどのように解消すればいいのでしょうか?
ルテインサプリの返金保証について
効果のないものに高いお金を支払うのは勿体ないですし、損をしたくないと考えているなら返金保証のついているものを選ぶのがおすすめです。