ルテインが不足するとどうなるか

仕事ではパソコンを見続け、プライベートではスマホの画面を見つめていたりゲームしたりテレビを見たり。現代人の目は疲れきっています。放置していては症状が悪化するだけです。

 

日頃からそういったものをあまり見ないようにするのが一番ですが、仕事や人との付き合いの中で避けられない部分もあるでしょう。悪くなる前に目の健康によい成分を取り入れて内側から守ってあげましょう。

 

目の健康に良い成分は

ルテインも目の健康におすすめの成分です。

 

ほうれん草に特に多く、その他にもブロッコリーやリーフレタス・芽キャベツなど緑黄色野菜を中心に多く含まれている成分で黄色の物質です。元々人間の体内器官・皮膚にも存在しています。乳房や子宮頸部にも多存在していることが知られています。

 

目は水晶体と黄斑部の主要なカロテノイドであり、正常に機能するために重要な働きを果たしているのです。
体内に存在しているとはいえ、自分の力で作りだせる物質ではありません。そのため取り入れて不足しないようにしてやらないといけないのです。

 

唯一自分で作りだせるのは植物だけです。黄色やオレンジの花・緑色の葉などはこの成分が影響しています。特に高純度のものを抽出できるのがマリーゴールドで、サプリメントの原料として多く使われています。
食用の花ではないので、野菜やサプリメントで上手に取り入れるようにしましょう。

 

ルテインは光に強い成分です。光そのものをさえぎる役割を持っていますし、もしも光の一部が細胞に達してしまったとしても抗酸化作用によって守ってくれます。

 

細胞が光によって酸化のダメージを受けるのを不正でくれます。光防御における二重ブロックをおこなっているのです。
それだけではありません。

 

 

青い光を集中するという性質も持っています。テレビ・パソコン・ゲームなど現代人が見ることが多い光はどれも青い光です。蛍光灯の光も含まれるので、ただ室内で電気をつけるだけでも目への負担は大きいのです。

 

紫外線も危険です。青い光というのは光線の中でも最も高いエネルギーを持っているのです。体や顔であれば日焼け止めを塗ることができますが、眼球には無理です。

 

外界に対してむきだしの臓器をダメージから守ってやらないといけません。

 

ルテインが不足すると…

もしも不足すると危険な光がそのまま入ってきてしまいます。そうなると疲れ目やドライアイなどの症状が出てくるようにします。

 

元々体内にあった成分は40歳前後から減少し始めると言われており、このような症状が出やすくなるのです。そのまま放っておくと眼精疲労や白内障・加齢黄斑変性症など眼疾病リスクは高まります。眼を酷使している現代人はある程度の年齢を重ねている人だけでなく若い世代にもこのような疾病が見られるようになってきました。

 

栄養が偏った食生活やストレスなども原因と言われています。40代よりもまだまだ若いからと油断していてはいけないのです。

白内障や緑内障といった疾患以外にも、飛蚊症になる場合もあります。

 

眼の水晶体ににごりが投影されるため、目の前には存在していないのに小さなほこりのようなものが浮遊しているかのように目に写る症状です。飛蚊症も活性酵素によるダメージが硝子体に与えることで起こっている現象なので抗酸化作用で効果が発揮されるのです。

 

生活習慣の乱れは他の現代病の原因ともなり、命に関わるような重篤な病気が引き起こされるリスクも高まります。

 

まずは規則正しい生活・食事内容を心がけるようにしましょう。ただ、毎日緑黄色野菜を取り入れてきちんと食事を摂るのは難しいという方や眼が疲れるような生活を続けている・最近眼の不調が出るようになったという方はルテインをサプリメントでも取り入れるようにしましょう。毎日続けやすく、濃度の濃い成分が摂取できるので効率的です。

 

1日に6から10mgの摂取量が推奨されているため野菜だけですべて補うというのはかなり気を使わないと難しいです。
サプリメントを利用する場合、同じように眼に良い効果をもたらすといわれているアントシアニンやDHAも一緒に摂るようにしましょう。より効果があがるといわれています。

 

眼の健康と言うとブルーベリーが有名ですが、ブルーベリーもアントシアニンが含まれる食材です。ただ、ブルーベリーの野生種であるビルベリーの方がよりそのアントシアニン量は多いと言われています。できればブルーベリーよりもビルベリーのエキスが入っているアントシアニンサプリメントを選び出しましょう。

 

 

老化や生活習慣によるダメージは少しずつ進行して行きます。悪化してから手術をしなければならなくなる前に、早目から予防のために成分を摂取しているようにしましょう。脂溶性の栄養素のため食後に摂取するのが最も吸収率が高くなりおすすめです。

 

尿と一緒にすぐに流れていってしまうということはありません。動脈硬化・認知症・皮膚がん・子宮頸がんなど目には関係ないさまざまな病気にも大きな影響を持っていると言われています。不足しないよう注意しましょう。

 

 

関連ページ

選択を後押しするアイサプリの成分
アイサプリには、目に必要とされる成分が含まれ、バランス良く配合されています。代表的な主成分は二つで、アントシアニンとルテインを含みますから、目の悩み改善に期待することが可能です。